日本国民の幸福度ランキング

 パリに本部のあるOECD(経済協力開発機構:加盟国は日本を含む34カ国)は2011年より各国の住居、収入、雇用、社会のつながり、教育、環境、政治への信頼、健康、生活の満足度、安全、仕事と生活の調和、の11項目について、豊かさを点数化し、総合評価して「より良い暮らし指標」(Your Better Life Index )を算出し、各国国民の幸福度ランキングを公表している。 今年は加盟34カ国にロシアとブラジルを加え、36カ国の幸福度ランキングを5月23日に発表した。

 これによると、1位はオーストラリア、2位ノルウエー、3位米国で、日本は21位である。昨年の19位より2つ順位を下げている。上位10カ国は北米や北欧などの国が占めている。隣の韓国は24位である。

 日本は「安全」が10点満点中9.7点で第1位、「教育」が8.8点で第2位と高い一方で、「仕事と生活の調和」が3.0点と低く34位である。週に50時間以上働く長時間労働者が全体の約3割に上り、トルコの4割に次いで多いことや、1日の中で余暇や睡眠、食事などに使う時間が少なく、生活の満足度も3.0点で27位と低いことなどが低評価の理由となっている。 

 勤勉に働くことは美徳であるが、世界の標準からみると、我々は「働き過ぎ」のため生活が窮屈になっていることは否めないようだ。何かにつけて余裕のある生活に心がけ、心を豊かに保ちながら過ごす工夫を忘れないようにしたいものだ。

 
スポンサーサイト

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日本国民の幸福度ランキング】

 パリに本部のあるOECD(経済協力開発機構:加盟国は日本を含む34カ国)は2011年より各国の住居、収入、雇用、社会のつながり、教育、環境、政治への信頼、健康、生活の

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR