サイバー攻撃の脅威

 今年も、今日が仕事納めである。 今年は自分の行動範囲内で自然災害が相次いだ。 木曽谷の南木曽では土石流被害で若者が1人死亡し、秋の御嶽山では白昼の水蒸気爆発で57人の犠牲者がでた。 さらに毎年スキーやキノコ狩りで訪れる白馬村で震度6の地震が起こり、多くの家屋が倒壊し一部ではなお避難生活が続く。 

 ここへきて、今度は人災である。 ソニーの米国映画子会社(ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント:SPE)が北朝鮮によるとされるサイバー攻撃を受け、同社のパソコンにハッカー集団が侵入して中の資料が消去されたり、来年秋に公開予定の007の脚本などが流失してしまったというのだ。

 同社は北朝鮮のキムジョンウン第一書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「The Interview」を製作しており、上映が迫っていた矢先であった。 近年、銀行などの金融機関をはじめ、飛行機、新幹線などの交通機関を含め多くの社会活動はコンピュータ プログラムで動いている。 サイバー攻撃はこれをいとも簡単に破壊してしまうので脅威というほかはない。 今や国家を攻撃する手段として、武器を開発するよりサイバー攻撃の技術開発のほうがはるかに安くて効果的というから恐ろしい。 国家間のルール作りが喫緊の課題であるといっても過言ではない。

 「災いを転じて福と為す」という言葉がある。 「雨降って地固まる」ともいう。 来る年には多くの福に巡り合えることを願いたいものである。 平成26年の終わりに当たり、折に触れ私のブログを訪れていただいた皆さん一人一人に心から感謝して、今年を締めたいと思う。 皆さん、よいお年を。

寒波急日本は細くなりしまま    阿波野青畝
うまさうな雪がふうはりふうはりと  小林一茶
霜よけのもみに大風わが畑     中島澄夫 

山りんどうサイズ小
ヒスイ峡の蜂とリンドウ(新潟県糸魚川市小滝にて2014年秋撮影)
 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR