アイスプラントを初めて食べた(笑)

 ゴールデンウイークも終わり日常に戻るや、天地異変が続き、寒暖差が大きく竜巻やら雷なども加わり大自然のパワーに圧倒されたかのごとく、体調を落とす人も多い。ギリシャに端を発するユーロ危機で再び円高、株安となり世界経済は崩壊の危機に面する。 こんな時、食卓に上がる美味しい旬の野菜は一服の清涼剤であり、心も和み、次なる行動の活力源の役目を果たしてくれることうけあいである。

 プランター育ちのアイスプラント(写真下)と畑のスナックエンドウが最盛期を迎えた。先日、今年初めて栽培を試みたアイスプラントの葉を摘み、サラダで食べてみた。 口に入れるととても柔らかくトロケル食感は他の野菜では味わえない独特の美味しさである。 摘み取る前の週に2回0.5%の食塩水を1Lずつ散水したが、塩味はほとんどなかった。塩味を感じさせるためには塩水を2週間くらい与えた後でないと駄目かもしれない。サラダの他にテンプラやオシタシにしても美味しく食べられそうだ。

 スナックエンドウは絹サヤエンドウと違いサヤの中の豆が大きくなり、サヤごと食べられるので便利だ。サヤの両端のスジを抜いて短時間ゆでるだけで食べられ、玉ねぎとジャコと一緒に油いためにして食べても美味しい。緑色が新鮮で、シャキッとした食感は格別である。

 これから真夏になるとトマト、ナス、キュウリ、ピーマン、オクラなど果菜は豊かであるが、葉物野菜は少ない。 2年前から暑さに強い空芯菜を育て重宝している。タイや中国料理でしばしば使われる食材である。 今年は独特の風味を持ったワサビ菜の種を仕入れたので、新顔の葉菜として栽培してみようと思っている。

 食べごろに育ったアイスプラント

 アイスプラント
スポンサーサイト

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アイスプラントを初めて食べた(笑)】

 ゴールデンウイークも終わり日常に戻るや、天地異変が続き、寒暖差が大きく竜巻やら雷なども加わり大自然のパワーに圧倒されたかのごとく、体調を落とす人も多い。ギリシャに端を...

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR