空き家の増加

 夕食を済ませて一休みしてから、約1時間のウォーキングを日課として久しい。 交通の少ない住宅街をほぼコースを決めて歩くのだが、近年一見して誰も住んでいそうもない空き家が目立つようになった。 垣根や庭木が伸び放題で、電線に接するほどまでになり、景観上はおろか危険を感じるほどの家もある。 

 総務省の平成25年(2013年)の住宅・土地統計調査速報集計によると、日本の空き家数は820万戸で、5年前より63万戸増えている。 総住宅数に占める空き家率は13.5%で、5年前に比べ0.4%上昇し、過去最高となっている。 およそ7軒に1軒が空き家になる計算である。 別荘などの二次的住宅を除く空き家率は12.8%である。 大半は「親の住まない実家」を子が放置した結果、空き家になるケースのようだ。

 都道府県別では、二次的住宅を除く空き家率が最も高いのは山梨県で17.2%、次いで2位以下は愛媛県(16.9%)、高知県(16.8%)、徳島県(16.6%)、香川県(16.6%)と四国4県が続く。 長野県(14.6%)16位、北海道(13.7%)24位、愛知県12.0%)38位、東京都(10.9%)42位である。 

 少子高齢多死社会となり、人口減少に伴って住む人がいない空き家が全国的に増えているのだ。 資源の無駄であり、手順を踏んだうえで、有効利用の方法を探るべきである。 まずは市町村単位で空き家に関する情報バンクなどを設置し、空き家の管理や活用などの取り組みをもっと積極的に進め空き家対策を強化すべき時であるように思う。 不動産の適正管理に関する国の支援策も必要であろう。

 天高し空き家一軒垣根藪        中島澄夫
 リヤカーにつきゆく子等や花芒     星野立子
 闇に鳴く虫に気づかれまいとゆく   酒井弘司  
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR