梅雨入り

 昨夜、名古屋でも10時過ぎにしとしとと雨が降り出し、梅雨入りとなった。 東海地方の梅雨入りは、昨年より1週間遅いという。 先の日曜日にサツマイモ(紅東)の苗を10本植えたので、私にとってはまさに恵みの雨である。 

  雨の多い6月をなぜ水無月(みなづき)と呼ぶのか、一瞬不思議に思うが、昔使っていた「太陰暦(旧暦)」では、4~6月が夏で、6月は夏の終わりとなるので当然水のない月になるから納得である。 でも今の「太陽暦(新暦)」でも、「梅雨で天の水が無くなる」から、「水無月」でよいのだとする説もある。 また「田植えが終わり田んぼに水を張る必要のある月だ」ということで、「水張月(みづはりづき)」を略して「水月(みなづき)」となったという説も有力らしい。 

 「梅雨入(ついり)」や「梅雨寒(つゆさむ)」は、俳句では当然夏の季語である。 日本では、これまで6月と8月には祝日がなかったが、先月23日の参院本会議で改正祝日法が成立し、2年後の2016年から8月11日が「山の日」として祝日になったので、6月は祝日のない唯一の月となった。 「山の日」は、当初お盆に直結させるため8月12日とする案が有力であったが、この日は日本史上最多の死者数を出した航空事故、日本航空123便墜落事故の日であることから1日前にずらして決まったようだ。 「海の日」に次ぎ、「山の日」ができたのはうれしい。 山に感謝し、夏山や森林浴を楽しみやすくなったのはよいことだと思う。 今月は環境月間でもある。 海や山を大切に守りたいものだ。

   梅雨寒の昼風呂ながき夫人かな         日野草城
   梅雨ごもり眼鏡かけたりはずしたり       ジャック・スタム
   万霊の天より圧す梅雨入かな          目迫秩父


知立かきつばた1
愛知県知立市無量寿寺八橋かきつばた園のカキツバタ
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR