野菜の相性

 人間には何となく馬が合う人と会わない人がいる。 野菜にも人と同じように相性があり、近くに植えて一緒に育てると、害虫の被害が減ったり、成長が良くなったりするものがある。 お互いに助け合い、成長に良い影響を与え合う野菜やハーブは、「コンパニオン プランツ(conpanion plants)」と呼ばれ、1)有益な昆虫を引き寄せ、受粉を助ける、2)必要な栄養素を与え、成長を促進する、3)味、風味をよくする、4)連作障害を軽減する、5)病虫害を予防する、など混植するとより良い効果が得られるので、共栄植物とか共栄作物とも呼ばれる。 この共栄栽培(conpanion planting)を上手に利用すれば、限られた土地でも作物の生産性を上げることができるので、これは小さな農業革命ともいえる。

 例えば、トマトはタマネギ、ニンニク、バジル、ラッカセイ、アスパラ、ブロッコリー、オクラ、セロリーなどと相性が良く、青枯れ病や立ち枯れ病になりにくくなる。 エンドウはニンジンやホウレンソウと相性が良く、ニンジンとタマネギも同様で、お互いに成長が良くなる。 一方、キュウリとゴーヤは相性が悪く、キュウリが苦くなる。 夏野菜のオクラは、トマト、サツマイモ、ピーマンと相性が良いようだ。 

 ハーブの一種で、リンゴのような芳香をもつことから「天地のリンゴ」とも呼ばれるカモミールは、「植物のお医者さん」とも言われ、アブラムシやモンシロチョウを駆除し、タマネギやアブラナ科の野菜であるキャベツ、ハクサイ、ブロッコリーの生育を助け、風味をよくするとされている。 アブラムシのつきやすい植物の傍らにカモミールを植えると、アブラムシはカモミールにつき、植物の被害を防ぐことができるというので、私もこの春には畑のほぼ中央に、ジャーマンカモミールとローマンカモミールを各一株植えてみた。 前者は1~2年草、後者は多年草である。 今のところ今年の夏野菜はすべて順調に育っている(写真)。

 カモミールは「マザーハーブ」とも呼ばれ、ヨーロッパでは、カモミールティーとして、薬効に利用され、鎮静、不眠の改善、消炎、初期の感冒の改善、便秘解消、月経困難症の緩和、スキンケア、などに有効とされる。


  泣いてみた玉葱きってるせいにして         西堀恵子
  くちづけのあとの真っ赤なトマト切る         大高 翔
  万緑の端より摘みし薬味かな             凡茶

 5月24日のトマト
見事に成長する我が家のトマト(平成26年5月24日撮影): 6月中旬から下旬には収穫が始まる
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR