黄砂の変貌

 八重桜が満開となり、ハナミズキやつつじも咲き始め、いよいよ春本番である。 この時期、黄砂(霾:Asian dust)飛来の季節でもある。 日本では、6~7万年前から飛来したとされ、古くより俳句や詩歌にいろいろな表現で取り入れられ、一つの文化でもある。 黄砂は中国を中心とした東アジア内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、黄土高原など乾燥地域の砂塵が強風を伴う砂嵐によって数千メートル(最大7~8kmの上空に巻き上げられ、春先の4月を中心に偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊、あるいは地上に降り注ぐ気象現象である。 東アジアの広範囲にみられるが、日本では、偏西風の強まる4月に最も多く、夏に最少となる。 例年、日本には1Km2当たり1~5トン/年の黄砂が飛来し、北太平洋全体では約3.3億トン/年の黄砂が降下するといわれる。 

 金沢大学の研究グループ(早川和一教授ら)は、大気汚染物質の微小粒子物質PM2.5(particulate matter 2.5)に黄砂が混じって結合すると、PM2.5に元々付着しているPAH(多環芳香族炭化水素:polycyclic aromatic hydrocarbon)がニトロ化し、大量のNPAH(nitropolycyclic aromatic hydrocarbon)が発生し、これにより発がんリスクが100倍以上高い物質が生成されやすくなると指摘した。 PAHは、ベンゼン環を2つ以上もった芳香族炭化水素の総称で、100以上の化学物質からなり、そのうちいくつかはベンゾピレンなど発がん性や遺伝子変異性、内分泌かく乱性の物質であることが分かっている。 PAHよりさらに有害なNPAHは、黄砂に付着しているので、マスクによる除去効果が期待でき、研究グループは屋外でのマスクの積極的利用を呼びかけている。 PM2.5と黄砂のいずれもが多い日には、PM2.5を通さないマスク(N95やDS2規格)の着用がベターである。

 黄砂も今や一昔前のものとは組成と成分が異なるので、健康被害を未然に防ぐ努力が必要となってきたようだ。 花粉情報だけでなく、黄砂情報にも注意したいものだ。


   真円き夕日霾なかに落つ            中村汀女
   暗いなあと父のこゑして黄沙せり       小川双々子
   霾天の濃きがうすきに動きくる         近藤美好女

天が下(サイズ小)
我が家の庭に咲く椿(天が下):2014年4月20日撮影
 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR