アロマ(香り)の威力

 いい匂いをかぐと幸せな気分になる。 匂いにも好き嫌いがあるので一概には言えないが、ラベンダー、ローズマリー、レモン、サイプレスなどの匂いを嗅ぐと、多くの人で怒りや痛みを支配する脳領域の血流が減少し、認知機能を司る海馬や側頭葉内側部などの血流は増加するようだ。 自律神経系への影響では、ラベンダーの香りは副交感神経を刺激し、血圧は低下するが食事摂取量は増加し体重が増加するとされ、グレープフルーツの香りは交感神経を刺激し脂肪分解を促進するとともに熱産生を増加させ、食欲を減退させて体重を減らすという(由留木裕子、他:関西医療大紀要Vol.6:2012)。

 アロマセラピーは、ハーブなどの植物(花、葉、果皮、果実、根茎、樹皮など)から抽出された芳香性をもった揮発性の有機化合物である精油(エッセンシャルオイル)を利用して心身の健康や美容を増進する自然療法の一つである。 アロマセラピーという言葉の生みの親は、フランスの調香師、ガットフォセ(Rene Mourice Gattefosse 1881~1950年)であり、彼は1928年に「aromatherapie」という言葉を科学論文で初めて使用した。 ガットフォセは、1937年には、「aromatherapie」という書籍を出版しており、「アロマセラピーの父」ともいわれる。 アロマセラピーに用いられるハーブは多く、漢方薬や薬用植物の多くはハーブである。

 認知症患者は記憶障害だけでなく、匂いを嗅ぐ嗅覚機能も低下するが、老人保健施設での実験的研究で、午前(9~11時)にローズマリーとレモン、夜(19時半~21時半)にラベンダーとオレンジを用いたアロマセラピーを行ったところ、アルツハイマー型認知症の中核症状である見当識と知的機能が有意に改善したという(木村有希、他:Dementia Jpn Vol.19,77-85,2005)。 認知症に対する有効な薬物療法が少ない現状で、アロマセラピーが非薬物療法の一つとして有効性が示された意義は極めて大きいものがある。 なお、精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルは違うので注意したい。 精油は100%天然で、現在約250~300種類の存在が知られる。 アロマオイルは混ぜ物を含み、合成の香りが混じり大量生産でき安価である。 両者は、しばしば混同されるので成分表に注意する必要がある。

 認知症の予防、治療としての非薬物療法には、リハビリテーション、記憶の訓練、カラオケ音楽療法、回想法、光療法、動物介在療法などがあり、多くの施設で取り入れられている。 自然療法のアロマセラピーは、これらに加えて、今後、認知症の有力な予防、治療法の選択肢となりうるようであり、期待の治療法である。 入浴の際に精油を数滴たらして香りを楽しんだり、空気中に精油を拡散させて鼻から吸引する芳香浴や、あるいはハーブティーを入れて香りと味を一緒に楽しむなど、我々は生活の中でもっとアロマを上手に利用していきたいと思う。


   両の手に桃とさくらや草の餅      松尾芭蕉
   冬満月癒しの香り何かある       中島澄夫
   桃咲いて五右衛門風呂の湯気濛々    川崎展宏  

 4月の画像 066
御宝田遊水地(長野県安曇野市明科地区)の白鳥と鴨:2014年3月17日撮影
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR