オウム病で妊婦2人が死亡

 4~6月は鳥の繁殖期で、小鳥も大鳥も営巣に励む姿が観察される。 私も小鳥好きで、子供時代には雪の畑に仕掛けを作って、シジュウカラを何匹かを捕獲し、1年ほど飼い、自然界に開放してやった経験がある。 鳥から人に感染する病気として、「オウム病」がある。 ここ数年は全国で毎年40人前後の感染が報告されており、感染は4~6月に比較的多く、日本産婦人科医会の調査によると、2015~2016年に2人の妊婦がオウム病で死亡したという。

 オウム病といっても感染源となる鳥はオウムとは限らず、ハトやインコなどからの感染も多いとされる。 健康な鳥でも数%は病原細菌のオウム病クラミジアを保菌しており、唾液や糞便中に排菌する。 普通は鳥の糞をホコリと一緒に吸い込むことにより感染する。 発熱や咳などインフルエンザ用の症状で発症し、治療が遅れると肺炎や髄膜炎、心筋炎、膵炎、などを起こし多臓器不全で死亡することもある。 

 診断は血清抗体価の測定やクラミジアの分離、クラミジア遺伝子の検出などによる。 治療はマクロライド系やテトラサイクリン系の抗菌薬を2週間服用する。 現在、予防ワクチンはない。 鳥を飼う場合、ケージの清掃に当たっては、マスクを着用することが望まれる。 また妊娠すると、免疫力が低下し、感染リスクが高くなるので、ペットの鳥との接触は避けた方が無難といえる。

大木や鳥の巣のせて藤かかる  高浜虚子
小鳥の巣二本の枝にしっかりと  高野素十
見上げれば天空一角サギ営巣  中島澄夫
戸袋に啼いて巣立ちの近きらし  まついひろこ

H29玉がすみ
我が家の庭に咲く玉霞 (2017年4月7日 撮影)
スポンサーサイト

温泉入浴と肺炎

 春秋は温泉が楽しめる季節である。 解放感と景色を楽しめる露天風呂は、また格別である。 冬の露天風呂へ入るにはちょっと勇気がいるが、暑くなく寒くない春秋は温泉にはもってこいの季節というわけだ。

 先月、広島県の「みはらし温泉」で、入浴利用者40人が、レジオネラ菌に感染し、うち50歳代の男性1人がレジオネラ肺炎で死亡したと報道された。 レジオネラ症はレジオネラ菌による細菌感染症で、感染しても全ての人が発症するとは限らず、免疫力の低下した中高年で発症しやすい。 浴室内の清掃や洗浄が定期的にきちんとできておらず、設備の衛生管理が不備な時に起こりやすい。 細菌に汚染された湯水を、エアゾル(空気中の微粒子)として吸入することで感染する。 近年では空調設備の冷却塔・クーリングタワー水、循環式浴槽水、給湯器の水などにも寄生、増殖することがある。

 レジオネラ症を発症した場合、軽症では一過性の発熱(ポンティアック熱と呼ばれる)、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛で済むが、一部は劇症型の肺炎(レジオネラ肺炎と呼ばれる)となり、これは早期治療しないと多臓器不全となり死亡率の高い肺炎である。 市中肺炎の約5%を占めるとされる。 ポンティアック熱は、米国ミシガン州のポンティアック市で起こった集団感染例に因んで命名された。

 診断は市販の迅速キットを使い、尿中抗原を検出することによる。 尿中抗原陰性の場合には、喀痰中の遺伝子を検出する迅速診断法がある。 肺炎の治療では、静注用のニューキノロン系薬が第一選択薬である。 ニューキノロン、マクロライド系抗菌薬を投与しないと、7日以内に死亡することが多いとされる。

 ハイリスクグループとして、高齢者、新生児、大酒家、ヘビースモーカー、糖尿病患者、透析患者などがある。 感染者の約8割を男性が占める。

湯上りの尻にべったりせうぶかな  小林一茶
山中や菊は手折らぬ湯の匂  松尾芭蕉
月光に照らされわが身露天風呂 中島澄夫

H29和合の里桜
桜咲く 老人保健施設 和合の里にて (2017年4月7日 撮影)

H29庭の椿
我が家の庭の椿(横雲) (2017年4月2日 撮影)



自然災害による死亡率が高い

 名古屋ではソメイヨシノの開花宣言が3月28日に出たものの、勤務先の桜は蕾が大きくなってはいるが、開花はほんの少しで、花見は今週末あたりが適当となりそうな気配だ。 庭の椿(玉霞)と玄関先の沈丁花は今まさに満開で見ごろとなった。 桜を前に3月27日には、栃木県の那須温泉ファミリースキー場付近で大規模雪崩が発生し、登山講習会に参加していた高校生7人と教員1人の計8人が雪で押しつぶされ圧死するという痛ましい事故があった。

 春山では凍った雪の上に新雪が積もると、表層雪崩が起きやすいので安全への配慮を欠かせない。 医学生時代に強健な山男が、やはり春山の雪崩に巻き込まれ犠牲になっている。生きていたらどんな活躍がみられたのかと思うと胸が詰まる思いだ。

 WHO世界保健統計2016年版によると、最近6年間(2011~2016年)における自然災害による年間平均死亡率(人口10万当たり死亡数)の国別ランキングは、第1位 ネパール(7.2)、2位 日本(3.4)、3位フィリピン(2.5)、となっている。 米国、英国、ドイツ、フランス、イタリアなどは0.1未満である。 地震、台風、火山噴火、雪崩など天災の多い日本では、自然災害によって死亡する率は世界でもトップクラスであり、自然災害への心構えを強く持って、その対策を強化しなければと、改めて思うこの頃である。

雪崩るるよ盆地の闇をゆるがして  藤沢周平
玉椿つついて遊ぶめじろかな  中島澄夫
深追いの恋はすまじき沈丁花  芳村うつき

安曇野風景1
早春の安曇野 (2017年3月20日 撮影)

梅が咲き始きはじめ
梅が咲きはじめる・大王わさび農場(信州安曇野)にて (2017年3月20日 撮影)






プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR