C型肝炎ウイルスの感染

 C型肝炎ウイルス(HCV)は、ウイルスに汚染された血液を介してヒトに感染するので、現在の感染者は輸血や血液製剤、血液透析や針刺し事故などの医療行為、注射針共用に伴う刺青や覚せい剤の静脈注射、出産時の母児感染などによって感染したもので、日本での感染者は人口の約1%、100~150万人と推定される。

 感染者の約30%は自然治癒するが、約70%は持続感染者(キャリア)となり、慢性肝炎を経て、感染後20~30年後で肝硬変肝がんを発症することが多い。 感染の有無の診断はHCV抗体の測定により行う。 

 昭和年代に大きな手術を受けたり、外傷や出産のときに大量の出血を経験した人の場合、止血目的でウイルス不活化処理の不十分な血液製剤(特定のフィブリノーゲン製剤や血液凝固第1X因子製剤)の投与を受けてHCVに感染している人がおり、このような感染被害者を救済するため、「C型肝炎特別措置法」が平成20年1月より施行された。 

 給付金の支給額は、無症候性キャリアに1200万円、慢性肝炎に2000万円、肝硬変・肝がん・死亡に4000万円となっている。 この給付金を受けるためには、国を相手に来年の1月15日までに所定の形式によって裁判所へ訴訟を提起する必要がある。 認定されると、本人または相続人が給付金を受け取れる。 期限が迫っているので注意したい。

草籠をおいて人なし春の山  正岡子規
水浅し影もとどめず山葵生ふ  松本たかし
山葵田を見下ろし忙しサギ営巣  中島澄夫
たからとは今日の命ぞ初さくら  加賀千代女

大王わさび農場1
早春の「大王わさび農場」・ 信州安曇野にて ( 2017年3月20日 撮影 )

焼額山から一の瀬を
志賀高原・「焼額スキー場」より「一の瀬スキー場」を望む (2017年3月18日撮影)

御宝田遊水池1
御宝田遊水地に遊ぶ白鳥の群れ・信州安曇野にて(2017年3月20日 撮影)
スポンサーサイト

3月は自殺対策強化月間

 例年、日本における月間自殺者数の最も多い3月は、「自殺対策強化月間」と定められ、各市町村は関係団体と連携して、重点的に対策を強化し、「生きる支援」のための活動を積極的に展開すべし、とされている。 悩みを抱えた人が必要な支援を受けられるような相談事業を含む支援策を強力に推進しなければならない。

 WHOが発表した主要国における2016年の人口10万対国別自殺率は、1位 韓国(36.8)、2位 日本(23.1)、3位 米国(13.7)、4位 ドイツ(13.0)、5位 オーストラリア(11.6)、となっており、日本では近年減少しつつあるものの、依然として高率である。

 先日は、北朝鮮のキム・ジョンナム氏がマレーシア空港で公然と毒殺される事件があり、全世界を驚かせたばかりだが、国別の人口10万対の他殺率を見ると、1位 米国(5.4)、2位 韓国(2.0)、3位 オーストラリア((1.1)、4位 ドイツ(0.8)、5位 日本(0.4)、となっている。 他殺は日本では比較的低率であるが、他殺の約半数は親族間で起こっており、わが国では自殺対策に加えて、増加しつつある介護殺人などへの対策を講じる必要が高まっている。 

 このところ、世界幸福度ランキングで第1位を競うのは、フィジーとコロンビアだが、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現は、人類にとって苦難の道ではあると思う。 今は満開となったしだれ梅が見どころである。

梅見ても青空見ても田舎かな  小林一茶
ピンクシャワーホワイトシャワーしだれ梅  中島 葵
白梅に立ち紅梅を見て居りぬ  上迫しな女
仕事仕事梅に咲かれてしまひけり  加藤かな文

枝垂れ1
700本のしだれ梅が咲き競う名古屋市農業センターにて (2017年3月13日 撮影)

しだれ梅2
我が世のしだれ梅・名古屋市農業センターにて (2017年3月13日 撮影)

雛祭りとおひなさま

 花桃が満開となり、桃の節句、ひな祭りの季節となった。 日本では2月中旬に蔵から出された雛人形が揃って祭壇に並び、ひときわ華やぐので、心も何となく豊かになる気がする。 日本の伝統行事だが、3月3日は祝日とはなっていない。

 昔は、おひなさまは嫁入り道具の一つとされ、母方の実家から贈られる習慣があったようだ。 例年2月になると、いつも大事そうに3段飾りの飾りつけをしていた、今は亡き母の姿を思い出す季節でもある。 雛人形の飾り方はいろいろあり、地方により違いがみられる。 現在は一般的には、結婚式の新郎新婦と同じように、男雛を右(向かって左)、女雛を左(向かって右)に配置することが多いものの、決まり事にはなっていない。 江戸時代までは、古来の宮廷儀式にならって、その逆に飾る慣わしだったとされる。

 ひな祭りは平安時代に始まった伝統行事で、紙で作った人形を川へ流す「流し雛」は「災厄よけ」の守り雛で、ひな祭りの原型とされ、名古屋の徳川園では、現在も年中行事となっている。 手作りの作品を龍仙湖に流すことができる。 

 この時期には、全国各地で特色ある雛人形の公開展があり、近くでは徳川園(名古屋)、岩崎城(日進市)、足助町(豊田市)などが有名である。 

 ひな祭りにちなんだ童謡はいくつもあり、これが耳に響くと春近しを感じとることができ、若返った気分になれるのは良いことである。

 笛なくも律儀にポーズ囃子雛  中島 葵
 雛の灯に雪のあかりの加はりぬ  小野寿子
 ひなの日や蔵から都遷しあり  横井也有

赤倉ホテルの雛
新潟県 赤倉ホテルの雛人形 (2017年2月19日 撮影)

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR