のど飴のヒゲナミンが禁止薬物に

 スキー、スケート、長距離走とウインタースポーツが華やかな今日この頃である。 スポーツ競技選手は成績に影響のある薬物の摂取を禁止されており、競技後にドーピング検査を受け、禁止薬物が検出されるとフェアプレーの精神に反するとされ失格となる。世界アンチ・ドーピング規定(WADA規定)の国際基準に従って、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が禁止薬物を規定する。


 今年の1月から新たに禁止薬物の仲間入りをしたものに、南天成分のヒゲナミンがある。 ヒゲナミンは交感神経β2受容体への刺激作用があり、このため気管支が拡張するので気管支ぜんそくの治療薬として有効であり、また大量に使うと交感神経興奮や蛋白同化作用による筋力増強効果を認めることが知られており、今年から新たに禁止薬物に指定された。

 ヒゲナミンは多くの漢方薬、のど飴、サプリメント、栄養補助食品、市販感冒薬などに含まれており、競技者は競技前にうっかり摂取しないよう注意が必要になる。 のど飴によく使われているナンテン(南天)、ブシ(附子)、チョウジ(丁子)、サイシン(細辛)、ゴシュユ(呉茱萸)などの生薬にはヒゲナミンが含まれる。 また禁止薬物のエフェドリンを成分として含む漢方薬のマオウ(麻黄)やハンゲ(半夏)は市販の風邪薬や漢方薬に含まれることが多いので、同様に注意が必要となる。 

 同じ「のど飴」でも、「龍角散のど飴」などヒゲナミンを全く含まないものもあるので、風邪で市販薬やのど飴を使うときは成分をチェックしたうえで利用するようにしたい。 ただ競技ではなくスキーなど一般人としてウインタースポーツを楽しむ者にとっては、軽い風邪なら南天のど飴で呼吸が楽になり、邪気が吹き飛ばされる可能性もあり、利用価値があることも覚えておきたい。

鳥籠に青き菜をたし春の風邪  大木あまり
マスクして紅きくちびるかくれけり  日野草城
マスクして我を見る目の遠くより  高浜虚子
マスク同志向かひ合せてまじまじと  中村汀女

横手山頂風景
冬の横手山山頂からの眺め
スポンサーサイト

大寒

 今日は大寒である。 2月上旬の立春に向けて、1年のうちで寒さが最も身に凍みる季節の中心であり、日本各地で様々な行事が行われる。 寒稽古や寒修行などの神事に加え、この寒さを利用して日本酒や味噌、醤油などの仕込みが始まる時期でもある。 

 寒さが厳しいと空気が乾燥しやすく、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスが活発化しやすいので、部屋の温度管理だけでなく湿度が40%を切らないよう加湿器を上手に使って保湿に心がけたい。 国立感染症研究所の発表によると、本年1月の最初の1週間におけるインフルエンザ患者数は、25都道府県で、1医療機関当たり10人を超え、注意報レベルに達している。 1位は岐阜県、2位秋田県、3位愛知県である。 マスクや手洗いの徹底、咳をしている人からは最低2mは離れることなどを心がけ、冬の呼吸器感染症を予防したいものだ。

 今日はまた身勝手ともいえる発言を繰り返すトランプ氏が、第45代の米国大統領に就任する日でもある。 しばらくはお手並み拝見とするしかないが、大国米国のかじ取りがどんな方向に動き出すのか、今後しばらくは目を離せない状況が続く。 願わくは品格と威厳を備えた大統領であってほしいものである。 前任者にはそれがあったように思うのだ。

七草の音に負けじと烏かな  小林一茶
重装備七草粥に列長蛇  中島澄夫
浅みどり春七草の小籠かな  高橋淡路女

春の七草
並べられた子籠の七草:豊田市足助町の八幡宮で行われた七草がゆイベント会場にて (2017年1月7日 撮影)
隣の足助神社で引いたおみくじは何と「大吉」、今年への期待大。
 

今後の世界人口

 謹んで初春のお慶びを申し上げます。 今年も何とか月に3回のブログ更新を実行したいと念願していますので、よろしくお願いいたします。

 ポピュリズムが台頭し、安定感のない世の中ですが、新年が平和で住みよい社会の一歩となって欲しいものです。今年は我が人生で三番目となる北海道スキーで新年を迎えました。 3家族が大晦日に合流し、ホテル主催の大花火大会を目の前で楽しめたのはよかったです。 放たれた1017発の花火は壮観そのもので、年越しの記念イベントとしては心に残るものとなり、よかったと思います。

 さて国連の最新予測によると、世界人口は現在約73億人だが、2050年までに97億人に増え、2100年には112億人となり、110億人以上の人間が地球上にひしめくことになるという。 人口増加が最も大きくなるのはアフリカで、その後にアジアが続くとしている。 人口増加の要因は出生率の上昇ではなく、寿命の伸びである。 現在新たに生まれる人は世界平均で70歳まで生きるとされるが、2050年に生まれる人の平均寿命は77歳、2100年に生まれる子孫は83歳になると予想されている。 今後は各国とも要介護の高齢者が増え続けるので、介護問題をより深刻に受けとめ、その対策を急がねばならないことになる。

 人口問題とバースコントロールは切っても切れない関係にある。 15~49歳の既婚・同棲女性の避妊薬(ピル)使用率は、フランス 40%、オーストラリア 29%、英国 28%、米国 16%、日本 1%で、フランスで最も高く、コンドーム使用率は日本 46%、オーストラリア 14%、米国 12%、フランス 8%、英国 7%で、日本で最も高い。 今年は米国のバイオテクノロジー企業(MicroCHIPS社)により、16年使用可能な避妊チップが開発され、発売される予定である。 大きさ20×20×7mmの極小デバイスを臀部、上腕、腹部に埋め込む。 デバイスには黄体ホルモン剤が入っており、中のバッテリーからふたに電流が流れて、ふたが一時的に溶けてホルモン剤が少量ずつ体内に吸収される仕組みである。 妊娠を希望するときには、リモートでデバイスの電源をオフにするだけで、オンにすれば再び使用可能となる。 ピルにとって変る方法として普及する可能性がありそうだ。

かしましく親子三代初滑り  中島澄夫
初旅や機長案内富士高し  中島澄夫
吉日のつづいて嬉し初暦  村上鬼城
読初の春はあけぼのなるくだり  下村梅子

富良野スキー1
国設・富良野スキー場の上部にて (2017年1月3日 撮影)

富良野スキー2
樹氷:富良野スキー場にて (2017年1月3日 撮影)

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR