寒さと白ネギ

 今日は大寒の日、1年で寒さが最も厳しいとされる日である。 全国的にインフルエンザの流行期に入り、近くの小中学校でも、欠席者が増え学級閉鎖を含めて対策に追われているようだ。 報道によると、松本市の国立松本病院では、インフルエンザA型の集団感染で入院患者21人と看護師4人が感染発病し、うち70歳代の男性1人(インフルエンザ肺炎)と40歳代の女性看護師(インフルエンザ脳症)1人が死亡したという。 死亡したナースはインフルエンザワクチンを接種していたという。 ワクチンへの過信は避けねばならない。 感染予防に最大限の注力が必要である。

 さてこの厳寒期に、冷え込むほどに甘みが増しておいしくなる野菜がある。 「白ねぎ」である。 ねぶか(根深、葱)ともいう。 真冬は白ネギ収穫の最盛期でもある。 

 白ネギの主成分、アイリンは酵素(アリイナーゼ)と反応し、匂いの強いアリシン(硫化アリル)に変化する。 疲労回復、体力増強にはねぎをなるべく大きく切るのがよいとされ、抗菌・抗ウイルス効果、風邪予防や免疫力アップを期待するには、揮発性のアリシンがまだ残っているうち、つまり切ってから1時間以内に食べるのが良い。 アリシンはV.B1の吸収をアップするとともに大腸がんへの抗がん作用をもつとされる。 アリシンは時間が経つとスルフィドとなる。 このスルフィドには血栓予防効果(抗血小板作用)があり、動脈硬化性疾患の予防に役立つ。 アリシンの供給源には、ネギの他に、ニンニク、タマネギ、アサツキ、ニラ、ラッキョウ、りーキ、エシャロットなどがある。 

 ネギの青い葉の部分には、カロテンやV.C、Caが比較的多く含まれ、これらの栄養素の補給に役立つ。 VCには抗酸化作用、カロテンには美肌効果が期待されている。 厳寒期を迎え、ネギを食材の一つに入れ、健康維持、増進に役立てたいものである。

葱白く洗ひたてたる寒さかな   松尾芭蕉
白葱のひかりの棒をいま刻む   黒田杏子
易水に葱流るる寒さかな     与謝蕪村

冬牡丹サイズ小
冬牡丹・島大臣 (中島澄夫 撮影)
スポンサーサイト

交通事故死:14年連続で減少

 新年を迎えて間もないが、フランス・パリでのテロ事件で世界は大きく揺れ動き、前途多難を思わせる2015年の船出である。 「表現の自由」はもちろん大切だが自由にもおのずから限度と節度がある。 風刺といえども同じだと思う。 お互いに「異質なものを受け入れる心」をもつことは大切で、地球上に生きるヒトは「多様性の尊重」を心せねばなるまい。

 警察庁の発表(2015.1.5付)によると、昨年(2014年)における全国の交通事故死者数は、14年連続で減少し、前年比でマイナス260人の4113人であった。 減少は誠に喜ばしいが、相変わらず飲酒運転や危険ドラッグ使用者あるいは認知症患者による痛ましい事故もあり、根絶に向けた対策強化が今後の課題である。

 都道府県別交通事故死者数では、第1位愛知県(204人)、2位神奈川県(185人)、3位千葉県と兵庫県(182人)である。 因みに現在、自動車保有台数ランキングのトップは、500万台超の愛知県である。 1昨年と比べて、増加した都道府県の第1位は三重県(+18人)、減少した都道府県の1位は静岡県(ー41人)であった。

 65歳以上の高齢者が占める死者の割合は53.3%で、総死者数の半分以上を占めている。 この割合は、1967年に統計をとり始めて以来最も高い率だという。 高齢者の死者数を減らす施策をさらに強化する必要性が高まっており、我々ドライバーは、常日頃、弱者である高齢者や子供には十分注意して運転したいものだ。

めでたさも一茶位や雑煮餅     正岡子規
左右より松の梢や初詣       山口青邨
さあ行くぞ初ウォーキング意気高し 中島澄夫

焼額山より一の瀬(小)
志賀高原・焼額山山頂付近より「一の瀬」方面を望む(2015年1月2日 撮影)

新しい年を迎えて

 新年を迎えて、今日は早くも「小寒」の日、厳しい寒さがしばらく続き、防寒と冬の感染症対策が大切な時期である。 そこで心から寒中お見舞い申し上げます。 ただ今、喪中のため年賀は欠礼です。 年頭に当たり、ヒトは老若男女を問わず、それぞれがその人なりの目標をもってスタートするのが常である。 

 さて私の場合、今年も志賀高原で家族スキーを楽しんだ。 私くらいの歳になると、差し当たりの目標は、余計な病気にかからないよう、日頃の食事と運動と睡眠の3つが、おかしくならないよう気を配ることである。 「元気が一番」であるが、ヒトは老化を避けることはできない。 老化と上手に付き合う術を身につけなければならない。 老化をいかに遅らせるかは、現代医学の大きな課題であり、日々挑戦が続いている。 要介護とならない健康長寿達成を実現できるよう、万人はそれなりに努力したいものだ。

 世界的には、イラクやナイジェリアなどで、「イスラム国」の脅威が広がっている。 平和的解決には、まだ長い道のりがあるようだ。 経済的には、ギリシャが経済破たんの危機で、ユーロ圏からの離脱も現実味を帯びているようだ。 西アフリカのエボラ熱感染者数は、昨年末の12月24日時点で2万人に迫り、死者数は7588人となった。 ここへきて緩やかな減少傾向を示すものの収束しないまま新年を迎えている。

 多くの困難を抱えての2015年の幕開けであるが、協調平和精神でふりかかる難局を乗り越えていきたいものである。

 目出度さもちう位也おらが春   小林一茶
 三世代シュプール重ね初滑り  中島 葵
 子の家族集ひてゲーム初笑   中島澄夫

焼額山山頂サイズ小
志賀高原・焼額山スキー場頂上付近より東館山、寺小屋方面を望む(2015.1.2 撮影)

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR