リンゴの健康増進効果

 英国の有名なことわざ(格言)に、「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」(An apple a day keeps the doctor away.)がある。 スペインでは「毎日1個のリンゴは医者の費用を節約できる」という。 植物中に存在し健康に好影響を及ぼす天然の化学物質をフィトケミカル(phytochemical)と呼び、ポリフェノール、テルペノイド、有機硫黄化合物などがこれに相当する。 リンゴは主成分のプロシアニジンをはじめとして、カテキン、エピカテキン、ケルセチン、クロロゲン酸、アントシアニン、など多くのポリフェノールを含み、抗老化作用(抗酸化作用)、がん抑制効果、悪玉コレステロール低下作用、血流改善作用、脂肪分解作用(ダイエット効果)、抗アレルギー作用、美肌効果など様々な健康効果を示すことが知られる。 ポリフェノールは光合成によってできる植物の色素や苦味、渋みの成分となる化合物の総称で、5000種類以上あり、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基をもつ植物成分である。 ブドウのレスベラトロール、お茶のカテキン、ブルーベリーのアントシアニンなどが代表的で、全てのポリフェノールは抗酸化力を持ち、活性酸素から人体や植物を守る働きをもっている。

 リンゴを切って放置すると、リンゴポリフェノールが酸素と結合して茶色に変色する。変色したリンゴをレモン果汁に浸すと、酸素がポリフェノールから離れて色は元に戻る。 りんごポリフェノールの主成分であるプロシアニジンは、カテキンやエピカテキンがいくつか結合した構造をもち、強い抗酸化作用をもつとともにリパーゼ活性を阻害し、脂肪吸収を抑える働きをもつ。 リンゴ100gはビタミンCを4mg含むだけだが、100gのリンゴはビタミンC1500mgに相当する強い抗酸化力をもっている。 リンゴポリフェノールは赤りんごより青リンゴに多く含まれ、果肉より果皮に多いので、農薬の付着が無ければ、皮ごと食べるのがよい。 果皮と果肉には、食物繊維のペクチン(リンゴペクチン)が多く、コレステロール値を下げたり、血糖上昇を抑えたり、腸内善玉菌の増殖に役立つ。

 リンゴの不都合を上げれば、便秘であろう。 便秘はアロエ、粉寒天や寒天食品の摂取、あるいは起床時にコップ一杯の冷水を飲む、などで改善し快便を維持したい。

  最近、英国の医学誌(A.D.M.Briggs et al.:BMJ 2013,12.21)に、「1日1個のリンゴを食べる」のと、近年世界的に使われている「コレステロール降下薬のスタチンを1日1錠内服する」との血管死予防効果を比較した研究結果が発表された。 結果によると、両者ともに死亡率を有意に減らしたが、有害事象はスタチンに多かった。 150年の歴史をもつ「リンゴ格言」は、「スタチンによる近代医療」に勝るとも劣らない効果を発揮したことになったのだから驚きである。 

 リンゴに含まれるトリペルノイドには、大腸、肝臓、乳がんに対する予防効果があるといわれる。 秋から冬はリンゴの季節で種類も多く、上手に選んで、程よく食べて健康増進に役立てたい。 そして「1日1個のリンゴで医者いらず」と、いきたいものだ。

    母が割るかすかながらも林檎の音         飯田龍太
    手で磨く林檎や神も妻も留守            原子公平
    セザンヌの林檎小さき巴里に来て         森尻禮子
スポンサーサイト

百寿の秘訣を探る

 厚労省によると日本の100歳以上の高齢者(百寿者:centenarians)数は、1963年には153人であったが、21年後の1984年には約10倍、38年後の2001年には約100倍となり、近年は高齢化の進行に伴い急速に増えて、昨年(2013年)9月時点で5万4397人となり43年連続の増加である。 人口10万当たりの百寿者数の都道府県別ランキング第1位は島根県(82.4人)、第2位高知県(78.5人)、第3位山口県(71.7人)である。

 京都府京丹後市は日本海に面し、116歳まで生き当時世界最長寿者であった木村次郎右衛門さん(H25.6.12死亡)が暮らした町として知られ、百寿者が59人(H25.9.11現在)と多く、人工十万人当たりにすると99.2人で、全国平均(42.66人)の約2.33倍となる。 市は長寿の秘密を探るため市の管理栄養士と保健師が中心となって市内の百寿者37人を対象に食事調査を行い、昨年末にその結果を公表した。 調査では日常食べている食品297品目を幼少期、成人前期、成人後期、現在の4期ライフステージに分けて検討した。 

 集計結果で各ライフステージで共通していたのは、1)豆、海藻類をよく食べている、2)山菜類、種美類(特にゴマ)の摂取が多い、3)ダシはほとんどの料理で煮干しを用いている、などがわかった。 料理法の特徴として、保存食の干し魚は焼いて食べるのではなく、煮て骨まで食べていたという。 また殆どの人が1日3食、「腹八分目」を心がけ、間食をしていなかったという。 行事食でよく食べる食事は、ばら寿司、巻き寿司、赤飯、おこわ、ぼたもち、魚、刺身、茶碗蒸し、酢のもの、煮しめ、などであった。 市はこれらの結果をもとに「京丹後・百寿人生のレシピ」(定価300円)を発行し、百寿者がよく食べているレシピとして30品を掲載し、その他よく食べていたメニューや食材を紹介している。 京丹後市の百寿の秘密は、地元の魚や豆、野菜をふんだんに使った家庭料理を食べることにあるようだ。

   すき嫌ひなくて豆飯豆腐汁         高浜虚子
   豆飯の湯気を大事に食べにけり      大串 章
   日曜はすぐ昼となる豆の飯         角 光雄


横手山山頂4「サイズ中
横手山山頂風景(平成26年1月3日撮影:クリックで拡大します)

2014年の幕開け

 例年、年末年始はスキー場で過ごすことにしている。 今年も波乱含みの2014年を、信州、志賀高原ジャイアントスキー場で迎えた。 今年のスキー場は昨年末の寒波と大雪で、どのスキー場もフル稼働でにぎわっているようだ。 新年は4日までの滞在であったが、3日の快晴を除き終日雪降りが続いた。 3日は朝から快晴に恵まれたので、横手山スキー場まで足を伸ばし、頂上からの眺めを楽しんだ(写真1)。 はるか富士山をとらえることができ(写真2)、感動であった。 横手山スキー場(標高2305m)は日本一標高の高いスキー場として知られ、まさに雲上のスキー場である。 天気がよいと北アルプスや富士山など360度の眺望が素晴らしい。 山頂には今シーズン新たに開店した「スターバックスコーヒージャパン」や、焼き立てパンやキノコスープの美味しい山頂ヒュッテがある。 近年、日本のスキー場でも外国人スキーヤーが増えている。 今年は70歳のアイルランド人男性とペアリフト上で一緒になり会話を楽しんだ。 ダブリン出身で現在、日本でPCを操り貿易関係の仕事をしているという。 

 スキーはウインタースポーツの華であり、寒い時の運動不足解消にはもってこいだが、危険との隣合わせでもあり、スピードの出し過ぎや状況判断には十分注意を払うべきスポーツでもある。 F1王者のシューマッハが年末にフランスでのスキーで転倒し、頭を強打して、脳出血を起こし、意識不明の重態と伝えられ、また新年にはドイツのメケル首相が、やはりスキーで転倒し、骨盤骨骨折のため数週間の安静に入ると報道された。 私のスキー歴は約35年になるが、幸いにして今のところ大きな事故にはあっていない。 しかしそろそろ筋力低下が始まる時期でもあり、自制心をもって取り組むよう心がけたいと思う。

 厚労省が新年に公表した人口動態統計によると、昨年(2013年)における我が国の総死者数は、127万5千人で、前年より約1万9千人増加し、11年連続で100万人を超えたという。 一方、2013年に生まれた赤ちゃん数は、103万1千人で、前年より約6千人の減少となった。 出生数が100万人の大台を切るのも時間の問題となってきた。 昨年における人口の自然減は24万4千人で、減少幅は過去最大となっている。 超高齢社会に突入し、少生多死の時代を迎え、難問山積の日本丸の出発である。 国は勿論だが、ファミリーレベルでの対策もおろそかにできない。 

 新年早々、東京有楽町で大火があり、新幹線が3時間以上ストップするというハプニングがあった。 今年も身の回りの天災、人災には十分注意し、自らの健康増進に心がけながら、多様な世界で夢と希望と志を持ち続けて生きて行きたいものである。 


 雪晴れや横手の嶺より富士はるか     中島澄夫
 ダイアモンドダスト浴びもし初滑り     中島 葵
 生きている人がたくさん初詣        鳴戸奈菜

  横手山山頂風景1
  横手山山頂より日本アルプスを望む(写真1:2014年1月3日撮影)

横手山山頂からf富士を望む
  横手山山頂より富士を望む(写真2:2014年1月3日撮影)

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR