年始めのエンディングノートと死生学 

 ほぼ毎週末に1回ほど、朝、自宅から約1キロメートル離れた場所にある喫茶店へ出かけ、モーニングサービスを利用することにしている。 モーニングサービスは午前中限定のコーヒー付き朝食サービスで400円前後で食べられるこの地方独特の文化である。 店には各種新聞や週刊誌、旅行誌などが置いてある。 安らいで、くつろげる場所の一つだ。

 店でふと今年初めて手にしたある週刊誌の迎春特大号を開いたら、書き込み式のポスト版・エンディングノートなるものが綴じ込まれており、「新年の今こそ、このエンディングノートで自分の人生をより深く総括してみることが大切である」と強調されていた。

 ノートは表エンディングノートと裏エンディングノートの2部に分かれており、表では、1)自分について、2)医療・病気について、3)葬儀・墓について、4)遺産について、5)大切な人に遺したいメッセージ、などが項目別にかなり詳しく記入できるようになっている。 例えば医療・病気についての項目をみると、1)告知について、2)延命治療について、3)最期を迎える場所について、4)臓器提供や献体についての希望、5)最期の瞬間に呼んで欲しい人、の5つがある。 裏では恋愛歴など妻(又は夫)や子に見せてはいけない内容を書き込み、焼却してもよし、或る人に託するのもよし、としている。 なかなかよく考えた構成である。

 現代日本の超高齢社会は言葉を換えれば、「少生多死社会」である。 国立人口問題研究所によれば、全世帯に占める一人暮らしの割合は現在32%であるが、22年後には5%増え、37%に達するとされる日本社会でもある。 死は万人が直面する人生の幕引きであり、ごくありふれた事象であるにもかかわらず、死に関する日本の学校教育は現在、無に等しい。 

 死とどう向き合うのかを多面的に考える学問を死生学または死学(thanatology)という。 これはギリシャ語の「死(サナトス)」から来ている。中世ヨーロッパ時代には、「死はアート(芸術)である」とされ、「Art of Dying」と題する書物も多くある。 近年、若いうちから死に対する態度あるいは死生観を養い、自分のものとすることの重要性が指摘されており、突然死、自然死、在宅死、病院死、安楽死、尊厳死など、死への考えを深めることによって、自分の生き方をより豊かにすることが求められるようになった。

 死はいわば芸術であり、自分の死をどのようにデザインし、どんな色を塗って完成させるのかを考え、思いを巡らす時期は、遅いよりも早い方がよいことは明らかであろう。 そしてその人によってその時期は違うとは思うが、まずはエンディングノートを作成し、一線を越えた時期からは自分の死生観に従って変えるべきところは毎年書き換えて遺す労力を惜しまないようにしたいものだ。 それは周囲や社会への思いやりでもあると思う。

冬牡丹(紫紅殿)
冬牡丹(紫紅殿:2013年1月撮影)
スポンサーサイト

好TV番組、「BS日本こころの歌」

 好番組の少ないこの頃のテレビ番組で、毎週心待ちにしている番組が一つある。 BS日本テレビで毎週月曜日午後9時から45分間放映の「BS日本こころの歌」である。 音大出の若きコーラスグループ(フォレスタ)男女各6人が、主に昭和時代の想い出の名曲を高らかに熱唱する。 童謡あり、歌謡曲ありと幅広いジャンルの歌を、男声のみ、女声のみ、混声ありと、抜群の歌唱力で聞く人の心を揺さぶる番組である。 

 歌が良いのはもちろんだが、歌うバックステージの照明や構成の良さも群れを抜いてよい。 芸術的でセンスの良さが光るのだ。 間に入るコマーシャルも異色で、しばしば「金子みすずの詩」が朗読され、この番組にあっている。 金子みすずは大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した、心の優しさに溢れる詩を多く書いた童謡詩人である。 満26歳の若さで没するまでに、512編の詩を作ったとされる。 没後約半世紀になるが、多くの詩が実弟のもとに保管され、いくつもの詩集が出ている。

   ~星とたんぽぽ~ (金子みすず作)

   青い お空の そこふかく、海の小石の そのように
   夜が くるまで しずんでる、 昼のお星は 目に見えぬ。
   見えぬけれども あるんだよ、 見えぬものでも あるんだよ。
   ちって すがれた たんぽぽの かわらの すきに だぁまって、
   春の くるまで かくれてる、 つよい その 根は目に見えぬ。
   見えぬけれども、 あるんだよ、見えぬ ものでも あるんだよ。


   ~つもった雪~  (金子みすず作)

    上の雪、さむかろな。
    つめたい月がさしていて。
 
    下の雪、重かろな。
    何百人ものせていて。

    中の雪、 さみしかろな。
    空も地面(じべた)もみえないで。



 感性豊かなみすずの詩には、心のぬくもりや温かさがあり、多くの人が大切にしたい何かがある。 「BS日本こころの歌」は、近年まれにみるよくできたTV番組であり、多くの人が親しみ楽しめる番組だと思う。 歌の好きな人にはお勧めの番組だ。

連鶴(牡丹)
冬牡丹(連鶴:2013年1月撮影)

巳年のお正月

 子供の頃(昭和20年代)は、年の瀬が近づくと、「もういくつ寝るとお正月」の歌があちらこちらから聞こえ、新年を迎えるのが楽しみであった。 食卓に母の手による特別の正月料理が並ぶのも楽しみの大きな理由だった。 日本では新年を迎えるにあたり、門松、しめ縄、鏡餅を飾り、年越しそばを食べ、年賀状をやり取りし、お節やお雑煮を食べて、多くの人が初詣に出かける習慣がある。 私も例年、家から6~7km歩いて行ける「針名神社」へ夫婦で初詣することにしている。 今年は二人別々におみくじを引いたところ、何と二人とも「大吉」が出た。揃っての大吉は人生初めてであり、嬉しい気分での新年スタートとなった。

 日本では沖縄、奄美の一部地域や中華街を除けば、もっぱらグレゴリオ暦(新暦)の正月が祝われるが、中国、台湾、韓国、ベトナム、モンゴルでは旧正月(新暦の2月頃)の方が重視され、より盛大に祝われる。お年玉もこの日に渡される。 旧正月はすべての国で同じとは限らない。

 新年を迎える方法も国によって違うのが面白い。 タイやミャンマーでは「水かけ祭り」が行われ、水をかけあって、お互いの身を清め合う。 近年、英国からの独立機運が高まりつつあるスコットランドでは、日本でもおなじみの民謡、「蛍の光」の曲を街の至る所で演奏する。 北欧のフィンランドでは、家族そろって、溶けた錫を冷水に注ぎ、固まった形をみて運勢を占い「錫占い」をする習慣がある。 シンガポールなどの多民族国家では、それぞれの宗教ごとに新年を祝う習慣があるため新年の祝事は1年に4回もあり、年中おめでたい気分でいられる国もある。 共通しているのは新年を祝うヒトの温かい気持ちであり、遠く離れた家族が合流し、一緒に過ごす短くとも大切な時間である。

 今年は巳年である。 ヘビは古来から水神として信仰の対象となっており、メソポタミア文明、マヤ文明、アステカ文明では、それぞれティアマ、ククルカン、ケツァルコアトルなどのヘビの神様が登場する。
お正月の二段重ねの鏡餅はヘビがとぐろをまいた形であり、神社のしめ縄(注連縄)はヘビが交尾をする姿を模しているという。

 ヘビは脱皮することから「復活と再生」のシンボルであり、商売繁盛の象徴でもある。 ヘビにあやかり、日本全体が復活、再生し元気になることを願いたいものだ。

八千代椿2
冬牡丹(八千代椿:2013年1月撮影)

ミカンを上手に食べ生活習慣病の予防を

 平成25年の年頭に当たり、新年のお慶びを申し上げます。 今年もよろしくお願い申し上げます。

 暮れの29日から元旦にかけて、志賀高原で家族スキーを満喫した。我が家では年末年始スキーがこのところ年中行事の一つとなっている。 宿は例年、ジャイアントスキー場の真下にある「ベルグ」のお世話になる。 私の大学時代の教え子の両親が経営するホテルである。 気になる空模様は、晴れ、雪、雪、晴れと、めぐるましく変わり、今年の世情を暗示するかのようであった。 高校生になった孫たちの滑走術が向上し、難所を滑り降りるスピードは、今や完全に逆転である。子供たちの成長の速さには脱帽する。

 世界に目を向けると、政情不安で内乱状態のシリアを筆頭として人類の苦難はまだまだ続く。 国連推計によれば、シリア内乱による死者は、今年初めで6万人を超えたとされる。 生きる人が勇気と希望を持って前進できる世の中でなければならないと思う。

 さて、新春は先ず冬の果物の代表格であるミカンの話題である。 農研機構(農業・食品産業技術総合研究所)の最近の研究(米国科学誌ブロスワン 2012,12,20)によると、ミカンをよく食べる人は骨粗鬆症になりにくいことが分かったという。これはミカンに多く含まれる黄色色素、「β(ベータ)-クリプトキサンチン」の血中濃度が高くなることによるもので、温州ミカンを毎日4個食べている人は、毎日食べない人に比べて骨粗鬆症の4年以内の発生率が9分の1で、有意に低かったという。調査は静岡県浜松市の住民457人を対象に2005~2009年に実施したもので、効果は骨粗鬆症を発症しやすい閉経後の女性に顕著にみられ、閉経前の女性や男性など比較的骨量の多いグループでははっきりした影響を認めなかったとされる。骨粗鬆症は高齢者が寝たきりになる原因疾患として近年特に予防が重視される疾患である。 果物に含まれる色素が骨粗鬆症の予防に有効だとわかったのはこれが初めてだという。

 βークリプトキサンチンは温州ミカン1個(約100g)につき1~2mg含まれ、ミカンの果肉に多く、完熟すると含量が増える。βークリプトキサンチンはカロチノイドの一種で、オレンジ、レモン、グレープフルーツなどにも含まれるが、最も多く含む食品は温州ミカンで、オレンジやグレープフルーツの約60~100倍も多く含んでいる。

 βークリプトキサンチンには老化促進因子の活性酸素を消去する作用(抗酸化作用)があり、またそのがん抑制効果は、βーカロチンの約5倍も強いとの報告もある。さらに近年、βークロプトキサンチンには血中の中性脂肪を下げる脂質代謝改善作用が認められ注目の的でもある。 なお、ミカンの皮に含まれる植物性化合物の「オーラプテン」にも発がん抑制効果があるとされる。

 寒さの厳しいこの冬、ミカンを適度に食べて生活習慣病の予防に役立てたいものだ。

 志賀高原寺小屋スキー場
 志賀高原・寺小屋スキー場の頂上より東館山山頂とその向こうに広がる雲海を望む(2013年元旦撮影)

プロフィール

中島澄夫

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR