C型肝炎ウイルスの感染

 C型肝炎ウイルス(HCV)は、ウイルスに汚染された血液を介してヒトに感染するので、現在の感染者は輸血や血液製剤、血液透析や針刺し事故などの医療行為、注射針共用に伴う刺青や覚せい剤の静脈注射、出産時の母児感染などによって感染したもので、日本での感染者は人口の約1%、100~150万人と推定される。

 感染者の約30%は自然治癒するが、約70%は持続感染者(キャリア)となり、慢性肝炎を経て、感染後20~30年後で肝硬変肝がんを発症することが多い。 感染の有無の診断はHCV抗体の測定により行う。 

 昭和年代に大きな手術を受けたり、外傷や出産のときに大量の出血を経験した人の場合、止血目的でウイルス不活化処理の不十分な血液製剤(特定のフィブリノーゲン製剤や血液凝固第1X因子製剤)の投与を受けてHCVに感染している人がおり、このような感染被害者を救済するため、「C型肝炎特別措置法」が平成20年1月より施行された。 

 給付金の支給額は、無症候性キャリアに1200万円、慢性肝炎に2000万円、肝硬変・肝がん・死亡に4000万円となっている。 この給付金を受けるためには、国を相手に来年の1月15日までに所定の形式によって裁判所へ訴訟を提起する必要がある。 認定されると、本人または相続人が給付金を受け取れる。 期限が迫っているので注意したい。

草籠をおいて人なし春の山  正岡子規
水浅し影もとどめず山葵生ふ  松本たかし
山葵田を見下ろし忙しサギ営巣  中島澄夫
たからとは今日の命ぞ初さくら  加賀千代女

大王わさび農場1
早春の「大王わさび農場」・ 信州安曇野にて ( 2017年3月20日 撮影 )

焼額山から一の瀬を
志賀高原・「焼額スキー場」より「一の瀬スキー場」を望む (2017年3月18日撮影)

御宝田遊水池1
御宝田遊水地に遊ぶ白鳥の群れ・信州安曇野にて(2017年3月20日 撮影)
スポンサーサイト

3月は自殺対策強化月間

 例年、日本における月間自殺者数の最も多い3月は、「自殺対策強化月間」と定められ、各市町村は関係団体と連携して、重点的に対策を強化し、「生きる支援」のための活動を積極的に展開すべし、とされている。 悩みを抱えた人が必要な支援を受けられるような相談事業を含む支援策を強力に推進しなければならない。

 WHOが発表した主要国における2016年の人口10万対国別自殺率は、1位 韓国(36.8)、2位 日本(23.1)、3位 米国(13.7)、4位 ドイツ(13.0)、5位 オーストラリア(11.6)、となっており、日本では近年減少しつつあるものの、依然として高率である。

 先日は、北朝鮮のキム・ジョンナム氏がマレーシア空港で公然と毒殺される事件があり、全世界を驚かせたばかりだが、国別の人口10万対の他殺率を見ると、1位 米国(5.4)、2位 韓国(2.0)、3位 オーストラリア((1.1)、4位 ドイツ(0.8)、5位 日本(0.4)、となっている。 他殺は日本では比較的低率であるが、他殺の約半数は親族間で起こっており、わが国では自殺対策に加えて、増加しつつある介護殺人などへの対策を講じる必要が高まっている。 

 このところ、世界幸福度ランキングで第1位を競うのは、フィジーとコロンビアだが、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現は、人類にとって苦難の道ではあると思う。 今は満開となったしだれ梅が見どころである。

梅見ても青空見ても田舎かな  小林一茶
ピンクシャワーホワイトシャワーしだれ梅  中島 葵
白梅に立ち紅梅を見て居りぬ  上迫しな女
仕事仕事梅に咲かれてしまひけり  加藤かな文

枝垂れ1
700本のしだれ梅が咲き競う名古屋市農業センターにて (2017年3月13日 撮影)

しだれ梅2
我が世のしだれ梅・名古屋市農業センターにて (2017年3月13日 撮影)

雛祭りとおひなさま

 花桃が満開となり、桃の節句、ひな祭りの季節となった。 日本では2月中旬に蔵から出された雛人形が揃って祭壇に並び、ひときわ華やぐので、心も何となく豊かになる気がする。 日本の伝統行事だが、3月3日は祝日とはなっていない。

 昔は、おひなさまは嫁入り道具の一つとされ、母方の実家から贈られる習慣があったようだ。 例年2月になると、いつも大事そうに3段飾りの飾りつけをしていた、今は亡き母の姿を思い出す季節でもある。 雛人形の飾り方はいろいろあり、地方により違いがみられる。 現在は一般的には、結婚式の新郎新婦と同じように、男雛を右(向かって左)、女雛を左(向かって右)に配置することが多いものの、決まり事にはなっていない。 江戸時代までは、古来の宮廷儀式にならって、その逆に飾る慣わしだったとされる。

 ひな祭りは平安時代に始まった伝統行事で、紙で作った人形を川へ流す「流し雛」は「災厄よけ」の守り雛で、ひな祭りの原型とされ、名古屋の徳川園では、現在も年中行事となっている。 手作りの作品を龍仙湖に流すことができる。 

 この時期には、全国各地で特色ある雛人形の公開展があり、近くでは徳川園(名古屋)、岩崎城(日進市)、足助町(豊田市)などが有名である。 

 ひな祭りにちなんだ童謡はいくつもあり、これが耳に響くと春近しを感じとることができ、若返った気分になれるのは良いことである。

 笛なくも律儀にポーズ囃子雛  中島 葵
 雛の灯に雪のあかりの加はりぬ  小野寿子
 ひなの日や蔵から都遷しあり  横井也有

赤倉ホテルの雛
新潟県 赤倉ホテルの雛人形 (2017年2月19日 撮影)

ゲーム依存症の増加

若い人たちがスマートフォンやインターネット、ゲーム機器などを使ってゲームに夢中になる姿を見かけることが増えてきた。 この傾向は日本だけでなく世界的な潮流のようだ。 厚労省の2013年に10万人を対象にした実態調査によると、ネット依存の中高生は全国で51万8千人にのぼり、Young KS の20項目基準(1998年)に基づいて分析すると、中高生の8%がゲーム依存症(ゲーム中毒)で、若年層での増加が目立ったという。

 昨年、鹿児島県の心療内科・増田医師が県内の小中高生6千人を調査したところ、ゲーム依存症は何と4年間で2倍に増えており、特に小学校低学年の男子では児童の15%がゲーム依存症の状態だったというから、これは深刻な社会問題である。

 ゲームに夢中になると、時間観念が薄れる結果、生活リズムが狂い、やがては寝不足から遅刻の常習、不登校へと発展しやすく、姿勢は悪くなるし、コミュニケーション能力が低下し、問題行動を起こしたり、性格異常をきたすこともまれではない。 

 先ずは子供を持つ親の監督と見守りが何より大切で、少なくとも小学校2~3年生までは、ゲームを禁止すべきだろう。 許可する場合も個室ではなく、居間のような人目の届く範囲内で行わせ、1日30分以内とするなど、工夫を凝らしたいものだ。 この時期、老いも若きも、家族ともども外へ出て、ウインタースポーツを楽しみたいものである。


足迹のあわれいつ迄残る雪  小林一茶
ほっかりと梢に日あり霜の朝  高浜虚子
枯菊を残らず刈りて春を待つ  阿部みどり女

赤倉観光スキー場
赤倉温泉スキー場 エレガントコース (2017年2月19日 撮影)

岡倉天心堂
雪で埋まった岡倉天心堂:新潟県赤倉温泉スキー場にて (2017年2月19日 撮影)


カカオの抗酸化作用

 今日はバレンタインデー、269年にローマ皇帝の迫害により殉教したローマ司教・聖バレンタインの記念日である。 聖バレンタインデーは世界各地で恋人たちの愛の誓いの日とされ、様々な祝い方がある。 日本では女性が男性にチョコレートを贈る習慣が定着し、2月上旬はお菓子メーカーが活気づく季節でもある。 最近では「本命チョコ」だけでなく、「義理チョコ」、「友チョコ」、「自己チョコ」もみられて、結構賑やかである。 私が見ている老人ホームでは、例年、入所者全員で手作りチョコレートに挑戦である。

 カカオ豆に含まれるカカオポリフェノールには、体内の活性酸素を消去し、悪玉のLDL-コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防する作用があるとされる。 カカオ豆は西アフリカ、東南アジア、中南米などが主産地で、蛋白、食物繊維、鉄、銅、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウムなども豊富に含まれ、その抗酸化力は赤ワインの2倍ともいわれ、老化防止の観点からも注目されている。

 カカオに含まれるテオブロミン(Theobromine)は、ココアの苦味成分で、テオフィリンの異性体、キサンチンの一つであり、自律神経調節作用を持ち、適量でストレス解消や咳を抑えるのに役立つ。 犬ではテオブロミンの代謝速度が遅く、有害となるので注意が必要である。

 内閣府の国家重点研究の一つで、理研、京大、筑波大などが参加する「革新的研究開発推進プログラム」によると、カカオ分が70%以上のチョコレートを、男女30人(男15人、女15人)に、1日当たり25g(5g×5枚)を4週間にわたり摂取させ、摂取前後の大脳皮質の量をMRI画像で評価したところ、大脳皮質量が平均1.1ポイント増加したという。 45~55歳の女性の約60%では、特に増加がが顕著だったという。 神経線維の増加も見られたとしている。 大脳皮質の量が増えれば認知機能が改善され、認知症の予防に役立つことも期待される。
 
 高カカオチョコレートは甘味は少ないが、カロリーや脂質の高いものがあり、また残留農薬の問題もあるので、食べ過ぎには十分注意して楽しみたいものだ。
 
いつ渡そバレンタインのチョコレート  田畑美穂女
中年やバレンタインの日は昨日  小西昭夫
やけに効くバレンタインの日の辛子  三村純也 

八方尾根スキー場サイズ小
曇りの八方尾根スキー場・競技前の兎平ゲレンデ

 

プロフィール

Author:中島澄夫
約80坪の畑を耕し、ブロッコリー、トマト、ナス、ニンニク、キュウリ、オクラ、ズッキーニ、大根、生姜、馬鈴薯、玉葱、白菜、青梗菜、小松菜、空心菜、金時草、水菜、スナックエンドウなどを自家用に栽培。近著として、「高齢者医療:健康長寿と全人的ケアをめざして」(オーム社、H20.4)など。名古屋市緑区在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR